登録
MYページ
お問い合わせ

お知らせ

・ツルハドラッグの一部の調剤薬局(北海道、東北、関東甲信)の店頭でもパピックスをご購入頂けます。取扱い店舗はこちらからご確認ください。

”PAPI’Qss(パピックス)“について”PAPI’Qss(パピックス)“について
検査結果をWEBでチェックできる検査サービス

「自分でカンタン!子宮がんHPV検査”PAPI’Qss(パピックス)“」

“PAPI’Qss“は、ご自宅でご自分で採取した子宮頸部の細胞を郵便で送付し、検査結果をWEBでチェックできる検査サービスです。

従来のHPV検査は、HPVに感染しているか、いないかのみを調べる検査でしたが、“PAPI’Qss“がご提供するHPV検査はHPV16型および18型を個別に検出(タイピング解析)することで、よりご自身の子宮頸がんリスクを知ることができます。

ここがポイント!

“PAPI’Qss“(パピックス)はみなさまのいろいろな悩みを解消します!

POINT図POINT①  楽々と
POINT①  楽々と

「病院に行くのが面倒だし・・・時間もないし・・・遠いし・・・。」

“PAPI’Qss“では、WEBでお申込みいただき、検査セットをご自宅に郵送します。お時間のあるとき、たったの数分で細胞を採取していただくことができます。

POINT②  快適に
POINT②  快適に

「細胞採取ってなんだか痛そうだし、怖そう・・・。」

“PAPI’Qss“でご使用いただく採取キット「ホームスミアセットプラス」は、日本人女性を対象に扱いやすく抵抗感のない医療機器として開発された日本製の自己採取器具です。ご使用いただけば、快適さを実感していただけると思います。

「ホームスミアセットプラス」先端は細いスポンジ状なっていて柔らかい

「ホームスミアセットプラス」は子宮頸がんの早期発見のために開発された一般医療機器で子宮頸部用自己細胞採取用具です。
先端は細いスポンジ状になっていて柔らかいため安心してご使用いただけます。

POINT③  高品質の
POINT②  快適に

「検査するっていっても、本当に信頼できるの・・・。」

“PAPI’Qss“では、採取された細胞を検査機関にご郵送いただきます。
国内では21か所しかないCAP(米国病理学会:College of American. Pathologists)が認定する品質マネジメントが高度に管理された検査機関で、FDA(米国食品医療品局:Food and Drug Administration)が承認済みの機器を用いて検査を実施します。

FDA(米国食品医療品局:Food and Drug Administration)が承認済みの機器,承認済みの機器を用いて検査
POINT④  安心して
検査結果のご報告はWEB

「検査結果を他人に知られたくない・・・。」

“PAPI’Qss“では、検査結果のご報告はWEBを閲覧してください。検査が完了しましたらメールにてお知らせしますので、所定のWEBページにアクセスしてください。メールアドレスおよびお申し込み時に設定されたパスワードをご入力いただくことで検査結果が表示されますので、他人に知られることはありません

報告書をプリントなどされた場合でも、報告書にはお申込みいただいた方の個人名は入らず、ご連絡する個人IDのみの記載になりますので個人が特定されることはありません

POINT⑤  気軽に
1回6,800円

「検査って難しそうだから、すごく高いんじゃないの・・・。」

“PAPI’Qss“は、1回6,800円(税別)でお受けいただけます。別途送料はかかりませんのでご安心ください。

※お支払方法で銀行振込および代金引換を選択された場合には、それぞれ手数料を別途ご負担いただきます。
恐れ入りますがご了承ください。




HPV検査をご自宅でカンタンに!

お申し込みはこちら

1回 6,800円(税込み7,480円)

 
お申し込みから検査結果ご報告までの流れお申し込みから検査結果ご報告までの流れ
お申し込み
  • お申し込み

下記の「お申込みはこちら」ボタンから必要事項をご入力ください。
お支払いは、クレジットカード、銀行振込、代金引換をご選択いただけます。
正確な検査を実施するために問診票にもお答えください。

※メールにて検査完了ご通知を差し上げますので、メールアドレスの登録はお間違いのないようご注意ください。
迷惑メール対策等で、ドメイン指定受信を設定されている場合、「@papiqss.jp」を受信できるように設定してください。それでもメールが届かない場合は、「迷惑メールフォルダ」もご確認いただき、迷惑メール指定を解除してください。

検査セットのお届け
  • 検査セットのお届け

ご入金確認後、2週間以内にご自宅の郵便受けにPAPI'Qssのロゴ入り封筒で細胞採取キットをお届けします。

説明書をよくご確認いただき、子宮頸部の細胞を採取してください。

細胞の提出期限は、検査セット到着後、30日以内にご提出ください。封筒写真
細胞の提出期限は、検査セット到着後、30日以内にご提出ください。

封筒写真

細胞の採取方法
― 手順 1:準備 ―
バーコードシール

お届けしたバーコードシールを試験管に貼ってください。

― 手順 2:細胞の採取 ―
①スミレ色の部分すべてが膣内に入るように、ゆっくり挿入してください。

① スポイトを利き手の親指と中指でしっかりお持ちください。

② リラックスして楽に挿入できる姿勢で、持ち手までスポイトを挿入してください。スミレ色の部分すべてが膣内に入るように、ゆっくり挿入してください。

②ピストンの先端からスポンジを膣内に押し出します

③ ボタン部分を押し、ピストンの先端からスポンジを膣内に押し出します。

③細胞を採取してください。

④ 膣壁に沿って5 〜6 回スポイト本体をゆっくり回すようにして、細胞を採取してください。

― 手順 3:スポイトの引き抜き ―
①スポイトは一気に引き抜かず、スミレ色の部分が半分出るくらいで、一旦とめます。

① スポイトは一気に引き抜かず、スミレ色の部分が半分出るくらいで、一旦とめます。

②スポイトを完全に引き抜きます。

② 一旦とめたところで、ボタンを「カチッ」と音がするまで引き、スポンジをスポイト内にしまってから、スポイトを完全に引き抜きます。

― 手順 4:細胞の回収 ―
①細胞の回収

① 試験管の中にスポイトを入れ、スポンジを出します。
スポイトを10 回ほど上下させて、スポンジに付着した細胞をしっかり洗い落としてください。最後に、試験管のフチにスポンジを押し付け、含んだ保存液をよく切ってください。


② 液が漏れないよう、キャップをしっかりと締めてください。


③ 試験管をチャック袋に入れて封をし、ご発送いただくまで、冷蔵庫で保管してください。

ご発送
  • ご発送

採取後は、

  • 試験管のフタがしっかりと閉まっていること
  • バーコードシールが貼付されていることをご確認いただき、
    お届けした封筒を再利用して速やかにご返送ください。
検査報告書ご通知
  • 検査報告書ご通知

検査が完了しましたら、検査完了のご通知メールをお届けします。

このページの上部からログインし、マイページにて「検査結果の確認」ページで検査結果をご確認ください。
ログインには

  • ご登録のメールアドレス
  • お申し込み時に設定されたパスワード
が必要です。

※検査完了メールが届かない場合でも、検査完了後はマイページで結果を確認することができます。通常は細胞提出後約14営業日で検査が完了します。

検査報告書

・検査結果報告画面


検査報告書にはお客様のお名前は記載されませんので、
お知らせする個人IDをご確認ください。

※結果報告書をスマートフォン、タブレット等で印刷する場合、設定、環境により
印刷出来ない場合がございます。その場合はパソコンから印刷をお願い致します。

高リスク型HPVの早期発見が、がん予防につながります。

HPV検査をご自宅でカンタンに!

お申し込みはこちら

1回 6,800円(税込み7,480円)

子宮頸がんとHPVについて子宮頸がんとHPVについて
「HPVってなんだろう…。」

「HPVってなんだろう…。」
「子宮頸がん検査とか受けたことがないし…よくわからないし…。」
「病院に行くのも面倒だし…時間も無いし…。」
「恥ずかしいから誰かに相談しにくい…。」

“子宮頸がん”

ときどきテレビなどで見かけて不安になること、ありませんか?

子宮頸(けい) がんとは
子宮頸(けい) がんの図
子宮頸部に発生するがん

子宮の入り口の子宮頸部とよばれる部分に発生するがんを子宮頸がんといいます。子宮頸がんは、性交渉のある女性ならば一度は感染するといわれているヒトパピローマウイルス(Human papillomavirus: HPV)という、ウイルスの感染で引き起こされます。

ただし感染しているからと言って、必ずしも子宮頸がんになるわけではありません。
体には自然な免疫機能というものが備わっていますから、1度感染してもほとんどの場合、ウイルスは勝手に消えていきます。しかし、HPVに感染してから数年から10数年消失せず、持続感染してしまうと、やがて前がん病変(異形成)細胞となり、がん細胞へと進んでいきます。

HPVに感染した細胞のサイクル図

HPVに感染した細胞のサイクル図

HPVとは
HPV電子顕微鏡画像

HPV電子顕微鏡画像

子宮の入り口の子宮頸部とよばれる部分から発生するがんを子宮頸がんといいます。子宮頸がんは、性交渉のある女性ならば一度は感染するといわれているヒトパピローマウイルス(Human papillomavirus: HPV)という、ウイルスの感染で引き起こされます。

HPVにはタイプがあります。
【高リスク型HPV】
…子宮頸がんの原因になると考えられています。
【低リスク型HPV】
…尖圭コンジローマ(外陰部にできるいぼ)などの原因になっています。

100種類以上の種類(型)が存在するHPVの中でも、高リスク型といわれるHPVが10数種類あり、特に16型と18型のHPVが子宮の粘膜に持続感染することによって、子宮頸がんが発症するといわれています。
性交渉の低年齢化により、罹患率、死亡率ともに20~30歳代の若年層で増加傾向にあります。

危険なHPV16型、18型

高リスク型の中でも、HPV16型と18型の感染は、より早期に前がん状態(がんになる前の状態)に進展することが報告されています。

HPV16型、18型が陽性のがん発症率

また、子宮頸がんを発症した女性のうち、HPV16型および18型に感染していた女性は全年齢で約67%、20~30歳代でみると約80~90%の方に感染が認められたと報告されています。

女性の年齢別感染率予防できる唯一のがん

子宮頸がんは、定期的な子宮頸がん検診とワクチンの接種をおこなうことで、予防できる唯一のがんといわれています。しかし、子宮頸がんの検診受診率は、欧米諸国の60~80%に対し、日本は先進国でありながら37.7%※と大変低いのが現状です。

「子宮頸がん検診を受けるのは、なんとなく恥ずかしい」
「検診を受けるのは、めんどうくさい」

そんな気持ちが、受診する決断の妨げになっているのではないでしょうか。
子宮の入口に発生するがんなので発見されやすく、早期に発見すれば比較的治療がしやすいといわれています。しかし、進行すると治療も難しくなりますので、早期に発見することが重要です。

※OECD Health Data 2013、国民生活基礎調査2013

Q & A

子宮頸がんの原因となるHPVについて


  • HPVはどのように感染しますか?
  • 多くは性的接触により感染すると考えられていますので、過去に1度でも性経験がある方ならば誰でも感染の可能性があると考えられています。実際、若年層の半数近くの女性が何らかのタイプのHPV に感染していると言われています。
  • HPVは男性にも感染しますか?
  • 性的接触によって感染するので男性にも感染しますが、男性への感染の詳しいことについては、まだよく分かっていないのが現状です。
  • コンドームで感染を予防できますか?
  • HPVは男性、女性ともに性器全体に存在します。コンドームで感染の危険性を少なくすることはできますが、それだけで予防することはできません。
  • 一度感染したらHPVはなくなることはありますか?
  • ほとんどが一過性(一時的)の感染で、免疫力で自然に排除されます。しかし、高リスク型HPVに長期間持続感染している場合、子宮頸がんに進展する可能性がありますので、定期的に検査を受けることをおすすめします。
  • 高リスク型HPVに感染すると必ず子宮頸がんになりますか?
  • 高リスク型HPVに感染しても、必ず子宮頸がんになるわけではありません。ほとんどが一過性の感染で自然消失します。子宮頸がんの原因は高リスク型HPVの持続感染です。高リスク型HPVの感染が続いた場合に数年から10数年の期間を経て子宮頸がんに進行する可能性がありますが、必ずしも全員がなるわけではありません。状況を確認するためにも定期的な検査をおすすめします。

    ※高リスク型HPVには16、18、31、33、35、52、58などがあげられ、特に16型と18型の感染は、より早期に前がん状態(がんになる前の状態)に進展することが報告されています。
  • 性的接触で子宮頸がんになるって、本当ですか?
  • 性的接触自体でがんになるわけではありません。しかし、子宮頸がんの原因となるウイルスに感染することがあります。

    子宮頸がんの発症は、発がん性の強い高リスク型HPVの持続感染が原因です。
    このウイルスは粘膜の他、性器表面や体液にも存在しているケースがあります*。男性の場合はがんを発症する頻度は非常に低く、自分が感染しているかわからないまま性的接触によって相手に感染させてします。

    子宮頸部がHPVに感染したからといって直ちに子宮頸がんを発症するわけではありません。1~2年以内に90%以上の方は自己免疫力でこのウイルスを排除しますが、何らかの原因で感染が持続した場合、子宮頸がんを発症する危険性が高まります。
    従って、性的接触によって直ちに子宮頸がんになるわけではなく、原因となるHPVに感染することがあるとお考え下さい。
    *The Journal of Infectious Diseases 2006; 194:1044–57

HPV検査について


  • タイピング解析ってなんですか?
  • 一般的なHPV検査では高リスク型HPVに感染しているかどうかまとめて調べます。子宮頸がんは高リスク型HPVの持続感染が原因であるため、どの型に感染しているのかを定期的に調べる必要があります。タイピング解析とは“何型”に“何種類”感染しているかを同時に調べることです。HPV16型とHPV18型は特にがん化リスクが高いため、感染の型を把握することは大変重要です。
  • 細胞採取時に注意することはありますか?
  • ・生理や怪我で出血が見られる場合は検査できません。生理中の方は生理が終わった日から7日目以降に採取してください。また、出血が続いている場合は採取をお控えください。
    ・妊娠中の方は採取しないでください。
    ・採取前日の性交、膣内洗浄は避けてください。
    ・採取前に手をよく洗ってください。
    ・採取後は日をおかず速やかにご返送ください。
    ・おりもの等の粘液が多い場合はガーゼ等でふき取ってから採取して下さい。細胞が採取できない場合があります。。
    ・薬剤を使用されている場合は、正確に検査できない恐れがありますので、採取をお控えください。ただし、一般市販薬であるPodium、Vaginal Contraceptive Foam、Clotrimazole7、Gyne-Lotrimin 7、Gynecort、Vaginex、Vagi-Gard、Miconazole、Monistat 3 Cream、Equate tioconazole 1、Vagi-GardMedicated Cream、Vagicaine Anti-Itch Cream、Yeast Gard、Norforms、KY Jelly、Vagisil Moisturizer、Replens、Vagi-Gard (Lube Gel)をご使用の場合については問題ありません。
    ・過去に婦人科の治療、手術を受けたことのある方は、専門医にご相談の上採取してください。
  • 採取したら出血しました。どうしたらいいですか?
  • ほとんどのケースが一時的なもので心配ないものと考えられますが、しばらく様子を見て止まらないようでしたら、腫瘍など病変が存在する可能性もありますので、婦人科医療機関を受診してください。
  • 検査結果が『HPV陰性(-)』の場合は、どのくらいの期間、検査しなくてもいいですか?
  • 現時点で子宮頸がんになるリスクは低いですが、定期的な検査をおすすめします。不正出血など気になる症状がある場合は、婦人科医療機関を受診してください。
  • 結果が『HPV陽性(+)』の場合は、どうしたらいいですか?
  • ほとんどは一過性で自己免疫力によって消失しますが、まれに持続感染することがあり、この場合は子宮頸がんへ進展する危険性が高まります。HPV検査を行い陽性判定が出た場合、婦人科医療機関の受診をおすすめします。
  • 検査結果が『検査に必要な細胞量が採取されていないため、検査することが出来ませんでした。』の場合は、どうしたらいいですか?
  • 通常、細胞採取用具:ホームスミアセットプラスの説明書どおりに細胞を採取いただければ細胞量が不足することはありません。しかしながら、採取の仕方によってはまれに細胞量が不足している場合があります。その場合は、誠に恐れ入りますが、再度費用をご負担いただきあらためて検査のお申し込みをお願い申し上げます。
  • 申し込んで支払いも完了したのに検査セットが届きません。どうしたらよいでしょうか?
  • まことに申し訳ございませんが、ご入金完了後2週間を過ぎてもお手元に検査セットが届かない場合は、Eメールにてお問い合わせください。(ホーム画面上部の「お問い合わせはこちら」からお問い合わせください。)
  • 細胞を送ったのに検査完了報告メールが届きません。どうしたらいいですか?
  • 検査完了メールが届かない場合でも、検査完了後はマイページで結果を確認することができます。通常は細胞提出後約14営業日で検査が完了します。ホーム画面上部の「ログイン IDをお持ちの方」からログインしご確認ください。3週間過ぎても検査結果が表示されない場合は、Eメールにてお問い合わせください。(ホーム画面上部の「お問い合わせはこちら」からお問い合わせください。)
  • 細胞診検査も必要ですか?
  • 細胞診とHPV検査を併用することによって病変の発見率がほぼ100%になります。また、将来子宮頸がんになる危険性があるかどうかを知る一つの指標となるため併用検査は大変有用ですが、細胞診によって判明する細胞の前がん状態はHPVの感染によって引き起こされるため、まずはHPV検査を受けることによってより早い段階でがんのリスクを把握することができます。

その他


  • 受付完了メールが届きません。どうしたらいいですか?
  • ご登録いただいたメールアドレスに誤りがないかご確認ください。誤りがあった場合は、ご登録いただいたメールアドレスとパスワードでログインし、正しいメールアドレスへの登録変更をお願いいたします。メールアドレスに誤りがない場合は、サイト上部にある「お問い合せはこちら」をタップ(またはクリック)し、お問い合わせフォームから、携帯電話番号と別のメールアドレス(gmail以外)を明記のうえ、ご連絡ください。


    お電話でのお問い合わせ 平日10:00~17:00
    パピックスはてなカウンター TEL:0800-8000-714(通話料がかかります)

  • 銀行の振込先はどちらですか?
  • 銀行振込をご選択の場合は
    ご入金の確認がとれ次第、検査セットをお届けいたしますので
    お申し込みいただいた後、以下にお振込みください。

    ∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴
     北洋銀行
     北二十四条支店(店番319)
     普通預金 4147723
     口座名義 株式会社ジェネティックラボ

    ※恐れ入りますが、銀行お振込手数料はご負担いただけますようお願い申し上げます。
    なお、お振込時はお手数ですが、お名前の前にご注文番号をご入力いただけますようお願い申し上げます。(ご入力例:「123 ヤマモト ハナコ」)

    ∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴

高リスク型HPVの早期発見が、がん予防につながります。

HPV検査をご自宅でカンタンに!

お申し込みはこちら

1回 6,800円(税込み7,480円)

HPVについて詳しく知りたい方はこちらリンクアイコン

hpvってなぁに?